1. HOME
  2. ソリューション
  3. SoLoMoNシリーズ
  4. SEE GAUGE(シー・ゲージ)

SoLoMoNシリーズ

ソロモンシリーズ

SoLoMoNシリーズ

SEE GAUGE(シー・ゲージ)

概要 OVERVIEW

SEE GAUGE(シー・ゲージ)は設備の不具合などの兆候を捉え、あらかじめ判断することを実現した「予兆制御」AIです。

これまで、設備保守は多くの経験豊富な技術者により支えられてきました。しかし、少子高齢社会による担い手の不足、監視人員のコスト上昇、そして業務そのものが長時間及ぶこと、そして、その多くは緊急性を伴い身体的にも負担をかけるものであること、更には、設備管理に対するニーズも多様化しており、その体制維持は極めて難しい状況です。

SEE GAUGE(シーゲージ)は、温度、湿度、荷重、音声、振動等センサーにより得られたデータをAI実際に起こった現象との差異を学習し、これを重ねることで、これまでの監視体制では「突発的な設備故障」として扱われていた事案の予知・予防を可能としました。
また、検知するセンサーは、アナログ計測機器などを含む既存設備との組み合わせにも柔軟に対応することが可能です。
センサーにより得られたデータと、状況に応じた人間による制御機器の操作を組み合わせ学習することで、これをAIによる自動制御に置き換えることができます。複数拠点・遠隔監視への対応、省力化を通じた、貴社の「働き方改革」に寄与します。

特長 FEATURES

「予兆制御」で稼働率向上・管理コスト低減

SEE GAUGEが機器の不具合を予知しますので、先手を打った対応ができます。不測の事故やトラブルによって、緊急対応や休日出勤を余儀なくされることもなく、管理コストを低減します。

人による機器操作もAIが学習し、自動化

人の経験値に基づくオペレーションも、AIが学習し自動化。継承が困難な人頼みのスキルを数値化でき、人員不足や経験値不足の悩みからも解放。人口減少時代の強い味方となります。

遠隔監視に対応。設備管理全体の省力化を実現

監視が必要な設備にIoTセンサーを取り付け、設備の状態をインターネットに送信。1か所のセンターで複数施設の状況を把握できますので、設備管理全体の省力化を実現します。

活用シーン SCENE

●ビルなどの施設管理

導入事例 CASE

(準備中)


SEE GAUGEのお問い合わせは以下からお気軽にどうぞ!
お問い合わせフォームへ